専業主婦の在宅ワーク---実験中 【個人の日記です。】

ネット素人の専業主婦が、本当に在宅ワークで稼げるのか検証中です。自分の日記です。ハウツーではありません。

退院

自分だけ帰ってきた( ・д・)

(三男はまだNICU)

 

さすがにあんな状況で入院したので!

帰り辛いわ。

 

…と思っていたものの

 

お迎えの車に乗って、夫といろいろ話をしたら

少しずつ心もほぐれてきて

 

自宅に戻ったら、部屋は飾られていて

退院お祝いもしてくれた(/_;)

 

勇気を出して、言って良かった…

 

自分から

「私の退院お祝いをしてください」

 

いや言わんやろ普通(笑)

ま、でも結果オーライ(^^)d

 

 

あと、部屋の照明が

リモコンに変わってる( ̄□||||!!

 

これは便利~

電気つけるのに立ったり座ったりしなくて良い

(お腹切ってるのでスムーズに立てない)

 

うん

夫は夫なりに考えてくれてた様子。

 

 

ちなみに夫サイドの話も、

なかなかレアな感じやった。。。

 

病院に着いたら、手術が始まっていて

(普通の帝王切開と思っていた)

 

無事に赤ちゃんとご対面、

あと一時間で私が出てくると思っていたら

 

いつまでたっても出てこず

理由も分からないまま放置され

 

合計4時間ぐらいの手術を

 

え、なんで出てこんのやろー。と思いつつ待っていたらしい…

(それも怖いな。。。)

 

 

昨日は、そんな話をしながら

ノンアルで乾杯(*^-^*)

 

良かった

どんな形でも産まれてきてくれてありがとうには違いないけど

 

わたしの望みは、出産(産むことだけ)がメインではなくて

 

家族になることだから

 

無事に産まれても

家族がバラバラのままだったら、

多分わたしはちょっと辛い

 

一人一人、せっかく産まれてきたのだから

幸せに暮らしたい

 

 

今まで専業主婦で

「家族が帰りたくなる家」を作ろうと頑張ってきたけど

 

わたしが帰りたくなる家

わたし自身が帰りたいと思っているかどうか

 

みんなも幸せに過ごせて、

わたし自身も住人の一人として幸せ

 

家族

 

これからは

そういうことも大切にして良いよなぁ

 

 

とりあえず三男はNICU

長男は小学校

次男は夫が手続きに連れていった

 

なんだかんだ、産後も何故かくつろいでいる(笑)(^-^)

 

無理は良くないし

あんまり自堕落な生活もアレなので

 

とりあえず一ヶ月後に50%ぐらい復活できているよう

簡単な料理、まずは味噌汁一杯を作ることから

 

ぼちぼちがんばろう。

 

▼ 古い映画なのに、手術後にいきなり思い出したやつ。


https://youtu.be/7kSuas6mRpk

術後はこれを思い出してリハビリしていた。

もうちょっとマイルドにやれよ(笑)\(^^)/

(妊産婦とお子様は絶対に見ないで下さい。)

 

うん、

・料理(一品ずつ増やす)

・笑う、優しくする

・無理はしない

産後は、このレベルから開始。

子宮破裂 (胎児への影響)

ようやく事態が分かってきた…

出産直後は何が何だか分からないまま、

「なんか痛かったわ…」って感じやった。

 

今、体調が回復したので診察や医師面談を開始。

 

予想外の説明を受ける。。。

 

「あと1~2時間遅れていたら、胎児は危ない状況でした」

 

い、1~2時間???((( ;゚Д゚)))

どんだけギリギリ!

 

▼ 胎児死亡率は80%

▼ 子宮破裂の発生頻度は、0.02~0.1%

日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-子宮破裂

 

子宮破裂、1% 未満…( 。゚Д゚。)

 

レアケース過ぎて対応できる病院がほとんどなく、だいたい手遅れになるそうな。。。

(そして胎児の死亡率が異様に高い)

 

恐ろしい状況だったのね…

 

知らんかったので、

「避妊がどうのこうの」という呑気なブログを連日更新してたよ。。。

 

幸いわたしは病院内で破裂したのと、

 

元々ハイリスク妊婦で、

かかりつけが県内一の医大だったから迅速に対応してもらえた。

 

奇跡的に恵まれていたんだな。。。

 

 

今更ながら次男出産時を思い出すよ(;∀; )

 

三年ぐらい前の妊婦たらい回し状態、

「設備がない」という理由で次々断られた。

 

▼ 個人は勿論、近距離の大病院にも断られた

どこで産むんだ - 専業主婦の在宅ワーク---実験中 【個人の日記です。】

 

▼ 遠方まで行き、県内最後の砦に拾われる 

ようやく産院が決まりそう。 - 専業主婦の在宅ワーク---実験中 【個人の日記です。】

 

懐かしいわー。怒ってたなぁ。

 

こんなに遠くまで行かないと受け入れ先が無いのか

 

田舎の医療どうなってるねん

日本の少子化対策どうなってるねん

 

なんかめちゃめちゃ怒りと不安で一杯だった。

 

それが数年たった今

 

あの時

近所の大病院で受け入れてもらっていたら

 

逆に今回の子宮破裂は助からなかったかも知れないという、なんとも不思議な感じ。

 

遠い遠いとブツクサ言いながら通った今の病院だからこそ、無事に産まれた。

 

 

自分の思い通りにならない

希望が通らない

不便、不満、不本意

 

そういうことが数年たって、

むしろ自分自身を助けることがあるから

 

何かあった時にも

「まあでも、長い目でみよう」と思って生きられたら良いね。

 

 

ゆっくりできた産後も、もうすぐ終わり

(三男NICUにいたので

わたしはひたすらベッドで寝たきりだった)

 

ちゃんとお世話できるかな?

ドキドキするわー。

子宮破裂の処置 (子宮の縫合 or 子宮全摘) と夫婦生活

術後、数日して

ようやく説明を受けたんだな。

 

「ご本人の希望で子宮を残しましたけど、

経過によっては再手術で子宮全摘する可能性もあります。

子宮を残したリスクはありますが、

それは様子を見ながら、都度対応しましょう」

 

え、

子宮を残した(破裂した部分だけを縫った)って

 

わたしの希望だったのか。。。?((( ;゚Д゚)))

 

確かに、手術中に何か言われてたんやけど

激痛でよく分からんまま

 

「はい、はい、それで良いです、お願いします」みたいな…

 

理解せんまま、

丸投げな回答したような気がする。

 

痛みのあまり気が狂いそうで、

その時は人生どうでも良かった。

 

…で、術後ようやく落ち着いて

先生の話をきいたらこんな顛末( ̄□||||

 

今さらやけど

 

① 子宮を取る

② 破れたところだけを縫う

 

本来、どっちが良かったんだろうか。

 

今回は大量出血で、避妊手術は出来なかった

(仮に夫の到着が間に合っても無理だった様子)

 

そして医師からは

「子宮破裂後のこともあり危険なので、

今後は妊娠を避けて下さい」

 

え、

それなら子宮全摘した方が良かったのでは…

 

ついでにわたし子宮頸癌の異形成、

 

子宮全摘すれば

子宮頸癌から子宮癌への転移リスクも減る。

 

あんなに痛い思いして、

縫い合わせてまで子宮を残した意味あったのだろうか。。。

 

しかも極めつけに

 

「今後悪化したら、再手術で子宮を取ることになります」

 

…って、それなら益々あの時に

子宮全摘した方が良かったのでは、、、?

 

本気で気持ちが消化不良(;∀; )

 

手術中の大切な時に、何故そこで

「はい、はい、それで良いです、お願いします」…なんて言うんだよ自分。。。

 

3人目帝王切開しかも超高齢出産、

1人目も緊急帝王切開というこの状況

 

子宮破裂 (かなり珍しいケースとは言えども)

リスクは多少予見できたはず

 

自分に限って大丈夫だろうと、症状を調べることさえしなかった

 

ほんま今更やけど

 

普段から緊急事態に備えて

「こういう時はどうする」って

 

色々考えておいた方が良かったんだろうね…

もう遅いけど。( ´-ω-)タメイキ

 

 

ついでに、もう一つの懸念

 

「今後は妊娠しないでください」

 

夫さぁ…

いっそのこと君がパイ⚪カットしてよな(/_;)

 

わたし避妊に関しては

今までにもう何百回も夫に話を(*゚Д゚)

 

そもそも夫よ、

避妊なんて高校生でも出来るだろ!

 

以前、次男妊娠中 &

次男出産後1年間の妊娠禁止期間

 

この時にも何度も説得して、

夫にコン⚪⚪ムの購入をお願いしたが

 

(その時は納得して、

夫が100個入りみたいなやつを爆買いした)

 

最初の数回は使ったものの

慣れてくると使おうとしないので

その都度、使ってね。と改めてお願いをする

 

(これがわたし的には、

めちゃめちゃ気まずくて嫌だ)

 

使ってね。とお願いしてるんだから、使えよ!

 

ついでに今回、3人目は切迫早産

 

何回言わすねん!

危ないことはせんといてくれ ( *゚A゚)

 

毎回、気まずいながらも勇気を出して頼めば

無理やりしてくることは無いんやが

 

毎回、毎回、毎回、毎回、毎回、

 

こんなに毎回、言わなあかんのか

 

(ひどい時は行為の最中にまで言わなあかん事態)

 

…で、堪忍袋の限界がきて

卵管摘出まで決心したのに

(そもそも君がちゃんと避妊さえしてくれたら、

避妊手術なんて必要無いのよ、それを…泣)

 

更に今回アクシデントで、

卵管摘出も出来なくなる。

 

マジで君がパイ⚪カットせーよ!

 

一応、他の避妊方法も検討したけど、

(ピルやリングなど)

わたしの体調的に、どの方法も難しくて

 

…と言うか、

ここまで妻が悩んでるのに

避妊(しかもゴムつけるだけ)が適当

 

どうなん、これ

 

 

夫のことは好きだよ

 

好きだからこそ

え?なんで?((( ;゚Д゚))) …ってなるんやけど。

 

 

退院後、

夫にまたこの話をしなきゃいけないのが鬱だわ

 

こういうことでセックスレスになるんかな

 

元夫の時は

生理的に受け付けずレス生活に突入したので何の迷いも無かったが

(むしろ無くなって喜ばしく、晴々解放された)

 

今回は

避妊がちゃんと出来るかな?というアホみたいな理由

 

そんな理由で無くなるのは、さすがに嫌だな…

 

なんだか鬱々くるけど

とりあえず目標

 

①子宮全摘しなかったことを悔やまない。

将来的に再手術するとも限らないし

今後トラブルが無ければ、

むしろ縫合で良かったと思えるかも知れない。

 

②夫とは、避妊について再度しっかり話し合う。

それが原因でレスになったとしても、

自分の身体を守ることの方が大切。

(もちろん言い方は考えて夫にも配慮するけど)

 

 

うん。目標2点。

気持ちを切り替えてがんばろう…

 

相変わらず赤裸々な話をすみません( ω-、)

 

さすがに40代半ばにもなって

避妊で悩んでますなどと誰にも言えん。。。

 

はてなブロガーの皆様、

いつもお目汚しスミマセン本気で感謝してます!(;∀; )

 

ここで吐き出したら少しすっきりしたので

気持ち前向きに

 

明日から目標を持って、

3人目育児も無理しない程度にがんばる。

 

ちなみに三男坊はまだNICU

わたしは集中治療室を無事に脱出

 

今のところ大きな異常は出てない

 

バタバタして何が何だか分からないまま今日まできたが、

 

かなり危険な子宮破裂で無事に産まれたこと、

少しずつ実感が湧いてきた…

 

▼ 今更ながら、恐ろしい…

【こんなに恐ろしい子宮破裂】子供はほぼ死亡、または重度の後遺症が残る | ミラクルベビー

 

検索しても

「無事に産まれて元気です」という記事が

なかなか上がってこない

 

三男坊の生命力に感謝せなあかんね。(;∀; )

 

子宮破裂 (3人目帝王切開・超高齢出産)

(前回の続き。単なる自分の備忘録です。

長文すみません)

 

そういう訳で夫婦喧嘩

→ 翌朝もブチギレ状態のまま、入院先に向かったんだよな。

 

「もう自分一人で行くわ(怒)」と言ったら

 

夫もややキレて

「車で送るって言ってるやろ!」

 

病院まで送迎してもらった(無言で超険悪)

 

そしたら、

病院の正面玄関で降ろされる((( ;゚Д゚)))

 

はい。送って頂いてありがとうございます(怒

 

あのなぁー( 。゚Д゚。)

大変なのは、ここからだっつーの!

 

クソ重い入院荷物もって、

広い大学病院の中を手続きで窓口一周の旅

 

君さぁ、なに帰ってんだよ!

手続き終わるまで荷物ぐらい持ってくれよ!

 

妊婦経験が無いから

そういうことに気付かんのか…( ´-ω-)

 

しかーし。

今朝「もう自分一人で行くわ」と言った手前、

 

今さら入院手続き、お手伝いお願いします。

…とは言えない (言えよ・笑)

 

ついでに今回コロナ対策で、荷物は入院日数分

 

重い!!!

(面会不可・荷物の差し入れや洗濯機使用は

できたら控えてと言われ、日数分を持参した)

 

この時点ではまだ自覚なかったんだな。

痛いというより、なんか夫にムカつく

 

痛みと怒りの区別がつかんのよ(。-ω-)

 

無事に手続きが終わり入院。

お昼のモニター異常なし。

 

「予定通り明日、帝王切開しましょうね」で

一安心していたところ

 

午後から体調悪化

 

張りかな? 便秘かな? と思っていて

夕方、主治医が回診きてくれたが

こちらからは特に何も申し出ず

 

痛いけど、言うほどでもないし

先生も早く帰りたいだろうし

もうすぐお風呂の予約時間だし

 

「はい、大丈夫です(^-^)」と言ってしまった

 

アホかぁ!

 

そして痛いけど予約時間だし入浴しなきゃ。

…と、お風呂まで入り

 

激痛で、早目に出てなんとか着替えたものの

ドライヤーさえ出来ずベッドで倒れ

 

我慢してたら入れ替わり立ち替わり

明日の手術スタッフが挨拶にくる

 

「すみません、ちょっと痛くて…」

「あ、寝たままで大丈夫ですよ!(^-^)」

こんな感じのやりとり

 

いや、寝たままで大丈夫というレベルやないけど…

 

ようやく夕方の看護婦さんが来て

 

あ。今なら言える!!!と、思いきって痛みを打ち明ける

なぜここまで我慢してたのか自分でも意味不明

 

モニターをつけてもらったが、

そこまでの異常が見られず

(陣痛がモニターに映らなかった理由は、後に判明)

 

痛かったものの

モニターに異常が見られない

→ わたしが大袈裟に痛がってるだけか?と錯覚して、更に我慢

 

様子をみましょうと言われ、

わたしも便秘で痛いのかな?と思い込み

 

とりあえずトイレに行ったらいきなり出血

(もちろん主治医は既に帰宅)

 

代わりの先生に内診してもらったら

 

「陣痛です、急いで今から帝王切開しましょう」

 

ついさっきまで

様子をみましょう言ってたやん((( ;゚Д゚)))

 

便秘じゃねーよ、陣痛だよ!

(分からんかった。。。)

 

しかも緊急帝王切開なので、避妊手術が怪しい…

 

「ご主人が開始に間に合えば避妊手術も併せて出来ますよ。

ただ病状的に、ご主人の到着を待つことはできません。

運良く間に合えばの話です。」

 

慌てて夫に電話、大至急で呼び出すも

間に合わず、避妊手術は諦めて帝王切開を開始

 

いざ開腹したら

「あ。子宮破裂してますね…」←やっと判明

 

その場で、子宮を取るか縫うか医師同士の相談が始まり

 

縫うことに。。。( ´-ω-)

 

下半身麻酔のまま縫い始め

(激痛)

 

痛み止めを何回も追加

(ただの痛み止めなので、もちろん激痛)

 

この時点で既に何時間も激痛に耐えてますけど

((( ;゚Д゚)))

 

結局、

 

先生「あかん長引くから全身麻酔に切り替えて!」

よ、ようやく…?(;∀; )

 

これにて解放。全身麻酔で気絶

 

…と思ったら、

 

今度は寝てるところ、おもむろに起こされ

「手術おわりましたので起きてください」

 

え、せっかく寝てたのに…

訳も分からずベッドで手術室を出される

(目が覚めてしまったので、ジワジワ激痛)

 

通路でわずか1分ぐらい、家族に会う

(コロナ面会禁止。すれ違いざまに1分のみ。)

 

しかも夜中で次男は爆睡、長男もグダグダ

夫から「お、お疲れさま…」と言われ終了

 

病室に入ったら

今度は10分おきに看護士さんがきて

また痛いことをされ (術後の処置)

 

その後は、輸血したので母乳の感染症のリスクが云々かんぬん

 

長い説明が始まり

 

夜明けの4時ぐらいまで延々と続く…

 

なんかもう

 

陣痛、緊急帝王切開、子宮破裂

ギリギリまで下半身麻酔で痛みに耐えてからの全身麻酔

術後の痛み

 

世間の様々な出産の

痛い部分だけをギュッと濃縮したお産やった…

 

10カ月耐えて、しかも3人目

最後の出産がこれか。。。

 

わたしが一体なにしてん。。。(;∀; )

 

ま、でも無事に産まれたので

そこは感謝して

 

ついでに勢いで夫にもLINE

 

「退院して帰ったら、お祝いしてほしい

パパもママも、

これから益々がんばらなあかんから

一緒にがんばるために

退院日は、お祝いされたい」

 

言ってやったぞ!!!

夫よ、入院前日の非道を反省しろぉ(*゚Д゚)

 

…ってか、

どんだけ家族でお祝いしたかってん自分(笑)(^^;

 

それに対しての返事は来てないけど

これだけ色々あったので

さすがに退院日には冷蔵庫に何か入っているはず

 

いや、どうかな

夫はこの惨状を全く見ていないので

 

(車で駆けつけて4時間以上も待機室にいたが、

わたしの痛がる姿は一切しらないという…)

 

まあ、わからんやろうな。。。

 

「子宮破裂して、赤ちゃんが飛び出しとった」

 

不謹慎やが、

事件等々いきなり臓器を包丁で刺される人は

こんな感じの痛みなんやろう…

 

更に翌日は別件でドン底に突き落とされるが

長いので後日。

 

高齢出産、油断禁物やね…

 

出産だけじゃない

 

夫の親戚筋も立て続けに癌

(通院した時には既に末期で助からなかった)

 

歳をとると「まあ、これぐらい耐えられる」

 

痛みに鈍感になるし

我慢もできる

だから、気付いた時には手遅れ

 

そういうことがあるから

これだけは声を大にして言いたい!

 

30代は無理もきくし、元気にアクティブに。

 

でも40代以降は

身体を大切に。

 

何かあれば痛みは我慢せず、

早めに病院へ行ってくださいね…

以上。長文失礼しました。

入院前日に大喧嘩

入院前日に、案の定ケンカ勃発…

(それまでは仲良く過ごしていた)

 

次男の時も入院前日にケンカしたんだよな。。

 

こっち手術前でピリピリしてるし

普段黙認するレベルの失言でもグサグサくる

 

最後の夜ぐらい穏やかに過ごさせようよ( ´-ω-)

 

なんせ安静生活が続いていた中で

不便・不満がたまりまくっていたんやが

 

こちらも

冷蔵庫の食材だけでなんとかやりくりしていた

 

(頼んだものを買ってきてくれないので困る)

 

入院までには使いきりたかったし

 

そうかと言って、この食材だけで何を作れと

 

(しかも自分は妊娠糖尿病で炭水化物系が食べられない)

 

その状態で毎日毎日、

安静生活の中なんとかやりくりしていたものの

 

入院前日ついに鬱(-_-;)

 

昼ごはん何しよう

夜ごはん何しよう

 

入院前日だよ?

それ悩む必要ある?

麻婆豆腐の素とか冷凍食品で良くない?( ´-ω-)

 

それで勇気を出して、

夫に今日は弁当買いたいと打診。

 

秒で却下((( ;゚Д゚)))

 

夫の言い分

「いや、入院前日やからこそママが作らなあかんやろ」

 

はあ?

はあ?

はい?( 。゚Д゚。)

 

まあ、普通のお母さんはそうかも知れんよ。

 

「しばらく会えないし、

最後の日ぐらい家族に美味しいもの作ってあげよう!」

 

…なんて思うのが母親として当たり前かも知れんよ。

 

でも私はそういう世間一般の

「よくできた母親」では無いし

 

最後の日ぐらいゆっくりしたいし

別に家事命の専業スペシャリストでもないし

 

「最後の日だから家族のために」って言っても

 

そんな大層な話じゃなくて

今日ぐらい弁当買いたい。

 

…っていう、ただそれだけのことなんやが

 

それさえも却下って何やねん。

 

しかも食材、野菜しか無いんだよ…

 

それでもう一回食い下がるとだな

更に追い打ちをかけてきやがる。

 

「カボチャだけは今日中に使ってよ。

俺カボチャとか料理できんから。」

 

カボチャぐらい味噌汁ブッ込めば良いだろ!

 

 

そして尚かつ、

今どうしても行きたい場所があった。

 

子連れ不可、

今日を逃すと次に行けるのはまた3年後ぐらい

 

行けるなら今日、行きたい

 

「夕飯仕込んでから行けば。

鍋で良いよ簡単やろ?」

 

………((( ;゚Д゚)))

 

だーかーらー。簡単なら君がやれよ!

 

こっちはなぁ、

 

安静と言われる中、

 

節約のために毎回わざわざ胸肉ひいてつみれ作ってんだよ、

 

大体つみれなんて

鶏ミンチ買えば一瞬で出来るんだよ

 

それをわざわざだなぁ、

 

100グラム98円(鶏ミンチ)

100グラム48円(胸肉) 数十円の節約のために…

 

簡単とか、簡単に言うんじゃねーよ(*゚Д゚)

 

 

家族のため

入院もせずに10カ月頑張ってきたんよこっち

 

それに産まれたら更に3年不自由なんだよ

行きたい場所は子連れ不可なんだよ

 

おにぎり食べたいとか、そういうレベルで

行きたい時に自由にファミマ行く君と

わたしの産後生活を一緒にするんじゃねー!

 

 

…と思って、更に更に食い下がる(三回目)

 

「鍋なら冷蔵庫、白菜と人参しか無いけど」

 

「白菜と人参だけでええっつってるやろ!」

なぜ夫が逆ギレする???((( ;゚Д゚)))

 

結局、勃発。。。

 

行きたい場所には行けず

 

何故か夕飯は夫が作った

 

(ほぼ調味料だけのチャーハン)

(しかも私の分は無い)

 

もうね、

⚪⚪⚪⚪⚪⚪って良い?(-_-#)

さっさと⚪⚪!

 

 

夫の言い分わかる人いる?????

 

「入院前日やからこそママが作らなあかん」

 

知るかよ!

こっちは10カ月我慢してきたんだぞ、

 

何も寿司食べたいとか出前とれなんて言ってないだろ!

 

最後の夜ぐらい弁当食べたい

(ゆっくり休みたい)

 

最後の夜ぐらい弁当食べたい

(労ってもらいたい)

 

最後の夜ぐらい弁当食べたい

(好きなもの食べてお祝いされたい)

 

「ママ10カ月おめでとう!

手術大変やろけど応援してるからなぁ!」

…とか言ってヨーグルトとかアイスが出てくる

わたしの理想

 

なあ、そういうの、ないか???

 

友達のとこは

出産予定日前日にケーキが出てきたらしい

(旦那さんがサプライズで買ってきてくれた)

 

羨ましいぜ!

 

ま、わたしは夫の言い分がサッパリ分からんが

夫も、わたしの言い分が分からんのやろー。

 

仕方なく、安静にも関わらず

ぶちギレて自分で自分の夕飯を買いにいく

 

自分の分のお祝い

ヨーグルト一個買って

一人で、お祝い

 

10カ月おめでとう自分…

 

今日ぐらいは家族から、お祝いされたかった

 

 

(追記)

ここまで書いて下書きしといて何ですが、

結局この後、子宮破裂してヤバいことになり

訳も分からず緊急で出産しました!(;∀; )

 

安静とか夫婦喧嘩というレベルではなく、

 

単に子宮壁がヤバいことになり激痛だったようで

 

自分でも、自分の身体がそんなことになっているとはつゆ知らず…

 

いやぁ… 無理はいけませんね。。。

 

皆さまも体調不良時は

「これぐらい我慢できるだろう」などとアホみたいな無理をせず、まずは病院へ。。。

 

ご自愛ください!!!