専業主婦の在宅ワーク---実験中 【個人の日記です。】

ネット素人の専業主婦が、本当に在宅ワークで稼げるのか検証中です。自分の日記です。ハウツーではありません。

妊娠糖尿病の経過メンタル直撃。

2日続けて血糖値が超えてしまった……

 

もう凹みすぎて。。。

毎日、毎日、食前食後に血糖値測定。

そのたびに運命のジャッジにかけられているようなプレッシャーが、、、

 

多分おなじ状況でも、

 

あら~超えちゃった~やばっ\(^_^)/

これぐらい軽く受け止められる人もいると思うんだが

 

わたしの場合

 

やっちまった

やっちまった

やっちまった

 

やっちまったよ………………

 

ひき逃げ犯???((( ;゚Д゚)))

 

ぐらいのテンションで受け止めてしまうんだよ!!!

毎日、毎回、メンタルもたんよ!!( ;∀;)

 

ちなみに今のところ基準値超えは4回。

 

ここからがモヤッとラインなんやが、

 

「食事療法で管理が難しい場合、インスリン注射になります」←ネットで調べた

 

なんだよ「食事療法で管理が難しい」って。。。

 

結局、明確な数値がないらしく(医師、患者、病院の方針などで総合的に判断される)

 

数値が超えていてもインスリンにならない場合、

わずかでも超えたらインスリンになる場合、

 

まちまちらしい………………

 

8割ぐらい管理できればオッケーと言われた人もいれば

(わたしの場合、今のところ9割以上はセーフ)

 

逆に

たった数回のオーバーでインスリンになった人もいるらしく

 

もう、この曖昧な

どっちになるか分からん感じが更にストレス。。。

 

しかも入院の場合の費用も

5万円だった人もいれば

10万円かかったという人もいて

 

金銭面でもこの曖昧さがストレス。。。

 

昔は、すぐ入院したかった(とにかく現実から逃げたかった)

 

でも今は上の子の世話もあるし、お金は無駄にはできんし

 

逃げてる場合じゃない…((( ;゚Д゚)))

 

しかも今回超えた理由

「パスタと白米」

パスタは息子のを、ほんの一口もらった。

白米はほんの三口ぐらい。

 

これで駄目なら、もう、どうしろと言うのよ。。。

炭水化物を減らせば血糖は下がるが、全く食べないのは駄目(赤ちゃんが栄養不足になる)

 

食べるな言うたり、食べろ言うたり( ゚д゚)

 

さすがに怖くて食べられなくなり、むしろ低血糖の日もチラホラ…………

自己管理難しいわ。。。多くの病院が入院させる理由も分かるわ。( ;∀;)

 

次の診察、来週… まだまだ長い不安との闘い。

 

こういうときに、自分の性格って困るんよね。

結局これって、

 

①メンタルが強ければそんなに大したことではない。

 

超えちゃった~あはは~( *´艸)

 

ぐらいのメンタルなら、なんの不便もないことなのよ。

お義父さんなんて糖尿病なのに普通にビール飲んでるらしいし

(合併症やら進行やら怖くないのか。。。?)

 

仮に入院になっても、

 

ごめんね~(/_;)/~~

子ども、よろしく~!

 

って頼んでいけるメンタルがあればさぁ…

 

入院費、高いわよねー(怒) 日本の医療はまだまだよねー!

 

って、病院のせいにできるメンタルがあればさぁ!!!

 

ここまで悩むことでもないと思うんやが。、、、

 

②事前に確認していれば、闇雲に不安になることもなかった

 

糖負荷検査の時点で、妊娠糖尿病について調べておいて、

先日の診察でちゃんと話を聞いておくべきだった。

 

何回ぐらいオーバーしたらインスリンになるのか?

どれぐらいの数値で管理入院になるのか?費用は?

こういうことを、ちゃんと聞いておけば良かった。

 

ちなみに、わたしが聞いたのは

 

血糖値測定器の購入方法

電気屋さんですか」「薬局です」

これだけ

 

ああもう、あほかぁ( ;∀;)

自分のことなんだから、ちゃんと色々聞けよ~

調べとけよ~

ボーッっと生きてるからこうなるんだよ。。。

 

 

とりあえず今夜から白米とは決別するか、、、?

妊娠糖尿病中の糖質制限の良し悪しもいまいち賛否両論みたいやが、、、うーん。

 

 

あと、ヨガは再開しよう( ;∀;)座ってできるし。

脱臼で運動をストップしたことが

血糖値に確実に響いてる。上半身だけでも動かそう。

(ブクマのアドバイスありがとうございます!

これを励みにヨガ頑張ることにしました)

 

 

それにしても、メンタルって強くなるのかなぁ。

母は強しというが、母だけど別に強くないぞ(-。-;)

結婚したら強くなるとか離婚したら強くなるとか

色々きくけど、全く強くない。。。

 

弱いなら弱いなりの良さがあると思うし、

周りのメンタル仲間はとっても良い人ばかり。

コミュ障とか、通院してるとか、みんなそれぞれあるが親切な人ばかり。

だからきっと、繊細さは時に優しさ。素敵なことだと思っている。

 

そうは言っても、こういうときはさすがに自分の性格恨んじゃうわぁ(-。-;)

理想は

強さも弱さも生活に支障ない程度でバランス良くだね。まだまだ程遠いけど。

 

なんせ今日も愚痴が絶好調でした。

以上、いい大人が毎回取り乱してすみません。

 

やりたいことリスト

脱臼から数日。痛みはかなり引いてきた(*^^*)

…が、歩行はまだ微妙。あと数日は安静か。

 

料理と洗濯だけして、あとは1日寝たきり生活。

思いの外、身体がしんどい…((( ;゚Д゚)))

 

誰だよ毎日すきなだけ寝て暮らしたいなんて言ったの。←わたし

毎日すきなだけ寝て暮らして楽しいのは若いうちだけだよ。

よく、「日曜に寝溜めして月曜ダルイ」は聞くが、それの重症バージョン。

妊娠後期の寝たきりは、やっちゃいかんよ。一気に肺がやられる。

お風呂入ったらフルマラソンですか?ぐらいのレベルで息切れ。

 

前回の出産は切迫続きで寝たきりだったが、かなりの早産、1500グラム未満で産まれたので

寝たきりでもまあまあ大丈夫だった。

 

そういうこともあって、

経産婦だけど妊娠後期は初体験。後期、意外としんどいな。

寝てばかりだとこうなるとは知らなかった。。。

 

てか、前回1500グラム未満で産んで、

今回は巨大児まっしぐら。

2回の出産がそれぞれ、

成長曲線の最低値を下回る、最高値を上回る、

極端から極端なんだよ( ・∀・)

 

ちなみに、どうでも良い話やが

元の夫 7歳年上

今の夫 6歳年下

元夫と現夫の年齢差が 13歳差

 

更にどうでも良い話やが

昔、中卒のフリーター

後、財閥の一般職

 

シングルマザー時代 多忙につき自由時間 0分

今、ただの専業主婦、無気力暇人

 

いちいち唐突に、極端から極端にはしるんだよな。。。

昔、知人から

 

「あんたはもう少しゆっくりと、方向性を決めて着実に積み上げた方が良い」

 

と、助言された。確かに。

 

それに、何かで読んだな。

 

「いつも本当に行きたい方向が分からないまま突っ走るから、

誰よりも早く間違った目的地に到着した」

 

………まんま、わたしだよ。。。

 

いつも、何もしないか、ばく進してるかの、どっちかだった。

食べ過ぎる。食べなさすぎる。

働きすぎる。燃え尽きる。

節約する。散財する。

人に尽くしすぎる。ある日突然失踪する。

怠惰と焦燥感。

 

安定・中庸ってやつが、一切ない。

暴走してるか事故って動けなくなるか、まさに酔っぱらい運転な人生。

 

 

とりあえず安静でメンタル病んできたので

なにか楽しいことを考えよう( ・∀・)

 

そういうわけで、

「人生のやりたいことリスト」を考えてみた。

夢や楽しみ、目標、方向性は大事だよね(*^^*)

 

よし。やりたいこと。

 

・ヨガ

 

今、自宅にマタニティーヨガのDVDがあるも

最近めんどくさくなり、ご無沙汰。

 

 

 

・森林浴、ウォーキング

 

裏が山なので、先月3回ぐらい行ってみた(そして飽きた)

 

・足を細くしたい

 

セルフマッサージ(オイルやローラー) これも3回ぐらいで飽きた

 

・美肌ケア

 

そもそも出かけるときに日焼け止めを塗るのがめんどくさくて、そのまま出かけてしまう。

夜のパッティングをサボって寝てまう。

 

・アロマ

 

アロマポットがめんどくさい。スプレータイプさえも続かない。

ハンドソープをマークス&ウェブに替えたら

速攻で手荒れ(わたしが妊娠中&アトピーなだけです。普通の人は多分、荒れない。)

 

香りは好きなんだけどね。

 

 

 

 

糖質制限のお菓子作り

 

今、分食で1日5回料理するのがめんどくさく、お菓子まで気力が回らない。

もっぱら市販の寒天ゼリーかアイスボックスに依存中。

 

・ベビー用品(スタイなど)の手作り

 

というか、上の子のパジャマのウェストゴムを付け替えることさえもめんどくさくて放置中。

 

 

 

 ……………もう、以下割愛。。。

 

やりたいことリストを作成してたら、

なぜか

やりたくないことリストが出来上がっちゃったよ((( ;゚Д゚)))

 

本当にやりたいことなら、もうやってるよ。。

やりたい、やりたいと言いつつ本当はやりたくないから積んでるんだよ(-""-;)

 

 

結局、ここに書かれたわたしのやりたいことって

極端に言えば「別人になりたい」ってことなんだよな。

 

おしゃれで、きれいで、お料理やお裁縫が出来て、

自然やアロマやヨガなんかを楽しんで。

 

もっと言えば、自分ではなんの努力もしてないくせに、

周りからは「うわぁ、あの人いいわね~」って羨ましがられる、みたいな。

 

あー、自分、さもしいわ。。。生き方、薄いわ。

 

 

気分転換に今日は少しだけ家の外に出てみた。

本当はまだ歩行不可やが。ちょっとだけ(*´-`)

 

日差しが気持ち良い。風。近所の犬。裏の花畑。緑。

田舎にきて良かったな。

不便は不便だけど、この景色が好きだ。空気。何もないのに、何故か元気になる。

 

こうしている間も、みんな頑張ってる。

わたしもそのうち出産だ。産後の育児が始まる。

今は目の前のことをしよう。身体を治すのが先だわ。

やりたいこととか、やりたくないこととか、

そんなのはそのうち分かるだろう。

元気になって、やりたい気持ちがジワッと湧き出てきたときにすればいい。 きっといつか見つかるから。

 

 

とりあえず夜ごはんを何とかしよう((( ;゚Д゚)))

さすがに糖尿病食に飽きてきた。

お昼は油断して食べ過ぎ、血糖基準値を超えてしまった。

健康たいせつやね( ノД`)… 今日もぼちぼちいこう。

負傷、小休止。

膝。脱臼してしまった。。。(-""-;)

もうね、ええ加減にせえーよ。って。

なんでこう、次から次へと(老化現象?((( ;゚Д゚))))

 

幸い、バスステップでは

お尻から落ちたので大事には至らず。

それにしても、高速バスの異様に高い段差なんとかならんかなぁ。

以前から、お年寄りや杖歩行の人が一人で乗車できていない。

バスの運転手さんは手伝えないようなので

いつも周りのバス待ちの人が乗車介助している。

見ず知らずの通りすがりの人たちで上手く介助が回っており、問題にはなっていないが、

 

それでもわたし的にはフラットなバスを普及してもらいたい。

ついでにベビーカーのままバスに乗車できたら万々歳だよなぁ。

田舎では予算的に無理か(-。-;)

 

とりあえず脱臼したので、しばらく運動ができない………

体重管理、血糖値管理中にこれはイタイ。

当面、運動なしの食事制限一本か…

 

そもそも妊娠糖尿病から、毎食後30分を運動に充てていた。

むしろこれが膝に悪かったのかも。。。

完全に膝が疲弊した状態が慢性化した上で

更にステップから落ちたからか、重症。

何事もやりすぎは良くないね( ノД`)

 

ちなみに、上の子の時は1000グラム超えたあたりで脱臼した。

生まれつきの、反復性脱臼からの身体障害者

10代、20代で両膝とも手術は終わっているが、障害は残った。

走れない、重いものは持てない、高い段差の昇降が難しい、磨耗はゆるやかに進行する、

その中で上の子の妊娠。当時も重さに耐えられず何度か脱臼した。

 

それが今回、1900グラムまで脱臼はなく、無事だった。

うん。よく頑張ったほうだよ。

 

ただ、妊娠糖尿病騒ぎでそのことを忘れていたのはあかんかったなぁ。

食後の運動の中で、あーなんか膝いたいな。って日もあったが、

まっ。いけるやろ(^_^)←なんでやねん

 

ノリノリで強行してたらこんなことに…

 

高齢出産、本当に色々あるわ。。

高齢で産むことに異論はないが、産むなら産むで

きっちり体調管理はしたほうが良いね(-""-;)

 

もう随分前のことだが、

わたしの友達は44歳で自然妊娠、経膣分娩した。

妊娠から出産までなんのトラブルもなく、

彼女はわたしの希望だった。

彼女の存在があったから、わたしも再婚後は避妊しなかった。

例え何歳でも、授かれば産もう。

そう思えたこと。今も彼女には感謝している。

 

ただ、今

冷静に思えば

 

彼女は彼女でかなり健康的な生活をしていた!(わたしと違って!!!)(。-ω-)ノ

今はもう50代半ばだが、それでも育児の合間に韓国舞踊だのバーベキューイベントで焼きそば焼きに行くだの

 

元気なんだよ!(-""-;) 生命力が有り余っとる!!!

 

だから、単に高齢でも産めますよ、ということではなくて、

 

高齢で産むからには自己管理にも気をつけて

人生を楽しんでいる

そういう要素があったほうが良いな。バイタリティー。今更ながら思った。

 

そもそも、人生を楽しむって何だろうね。

今、多分わたしは楽しい。辛いときもあるけど、楽しい。

 

だけどふと引き戻されるときもある。

人生が楽しくなかった頃。

何もしたくなかった。

宝くじで世界一周旅行に当たってもわたしは行きません。って感じ。

家で、ただ寝ていたかった。

 

上の子の妊娠の時は何度も入院したが、

入院と言われるたびに嬉しかった。

仕事に行かなくていい。

元夫のいる家から離れられる。

一生入院していたかった。

わたしが休むことで職場にも散々迷惑かけていたはずなのに、口先だけの謝罪で

わたしは「入院 = 助かった、ここにいたらもう何もしなくていい」としか思えなかった。

 

シングルマザーになって、数年は気も張って頑張っていた。

それがいつしか、子どもの体調がかなり悪化し検査が続くなどの、アクシデントが重なるようになってきた。

生活が苦しい。毎日が苦しい。

次第に、死にたい、死にたい、楽になりたい。

本当は死にたくはなかったけど、頭の中で口癖のように死にたいと毎日つぶやいていたら

 

ある日歩道を歩いていて、後ろからきたバイクに当てられ

 

完全に相手の方の運転ミスからの事故だったが

わたしは

「自分が毎日、死にたい死にたいなんて呟き続けたからこんなことに…」と思い込み

 

何故か相手の方に申し訳なくなってしまい

 

しかも怪我を負った分、治るまでは育児も仕事も益々苦しくなって全くの逆効果

 

楽にはなれなかった

 

結局、突き詰めると

当時のわたしの幸せって「何もしないこと」

 

幸せだなぁ、と感じるときは

入院してるとか、インフルエンザで病欠してるとか

そういう時

 

だから幸せを突き詰めてしまうと

「幸せ = 何もしないこと = 死」

 

ということになってしまう訳で

 

知人から

 

「あんたの命は逆回転しとるぞ。。。((( ;゚Д゚)))」

 

と突っ込まれたなぁ………

 

今も時々はあるよね。

人に会いたくないとか、外に出たくない、何もしたくない、

そんな時間はかなり少なくなったかも知れないが、

いつもいつも元気いっぱい感謝いっぱい幸せいっぱいって訳でもない。

そんな毎日の中で、人様のブログはいつも助けになっている。

日記でも生活ネタでも、

育児でも美容でも仕事でも観光でも恋愛でも。

嬉しい話も、悲しい話も。人が生きている言葉は力になる。あぁ、わたしも頑張ろう。って。

 

とりあえず今日は歩行不可で寝っぱなし(-""-;)

寝ているのは嫌いじゃない。

でも、昔みたいに「ひとりで寝ている時間だけがわたしの幸せ」とは思わなくなった。

何もできないときにこそ与えられる幸せ。

何かできるときに与えられる幸せ。

多分、両方ある。

 

元気になったら、またぼちぼち頑張ろう。

今は充電期間を楽しみながら、できる範囲で家族サービス。

 

健康管理

早くもチップが無くなってきたので、薬局へ行ってみた(^_^)

 

すぐ無くなるからなぁ。まとめて買うか。60個。

(1日7回なので、60個は8日分。)

 

チップと針と消毒綿な(*^^*)

 

「はい。9000円になりまーす(^_^)」

 

………………なんだって???((( ;゚Д゚)))

 

なんかの間違いじゃねーのか。。。

8日分で9000円だよ。

こないだ本体と最初の4日分で15000円を払ったばかり。

 

このままいけば、

初回1ヶ月あたり4万円ぐらい

翌月1ヶ月あたり3万円ぐらい

 

血糖値を測るだけで

 

7万円か、、、、、、、Σ( ̄□ ̄;)

 

もし産後もこのペースで測れと言われたらどうしよう。

産んですぐ血糖値が下がるわけではなく、しばらくフォローアップするらしいが。。。

 

10万円超えてきますけど???((( ;゚Д゚)))

 

医師の指示よなぁ。。。

別に趣味や美容目的のダイエット、健康志向で購入しているわけではないんだが。。。

なんなの、この金額( ノД`)…

 

ちょっとダメ元で市役所に電話してみたが、やはり保険や助成、治材の対象にはならないとのこと。

 

なんでやねん( ;´・ω・`)

 

もひとつ、ダメ元で税務署に確認。

 

すると、「難しいケースなので、所轄の判断になる」

 

おっ(・∀・)

 

所轄の判断なら交渉次第でいけそうだ(* ゚∀゚)ノシ

 

早速、地元の税務署に電話。なんかいっぱいしゃべったら、

「そういう事情なら医療費控除の対象にしますので…」との返答、きたーーー( ;∀;)

 

いやぁ、言ってみるもんやね。

そういうわけで、地域によるみたいやが

うちはかろうじて医療費控除に入れて頂けることに(*^^*)ヨシヨシ

 

いや、でもね。

医療費控除ぐらいでそこまで節税にもならんよなぁ。

そもそも出産するから、血糖測定器の分を入れなくても10万円超えてきたりする?

 

正確な金額は産んでみな分からんな(-""-;)

はっきり言えるのは、健康でいることが一番の節約ってこと。。。

 

そんなお金の話をやり取りしていたら、

急に脳が覚めてきて、この数週間の自分の言動が恥ずかしくなった。

 

わたしは、妊娠糖尿病と診断されてから

夫に対して

 

共感して欲しい

労って欲しい

愛して欲しい

大切にして欲しい

叱らないで

優しくしてね

わたしは病人ですから

 

そんなことばかり、圧力団体並みに要求してきた

 

でも今考えたら

夫が普段、一生懸命稼いでくれているお金を使わせて貰うこと

感謝すれば良かった

 

あなたのおかげで、安心して治療ができます。ありがとう。

 

そう言えば良かった。

 

悪いことしたな。

 

 

昨夜。夫がポロッと言った。

 

「もしかして妊娠糖尿病は、神様からのプレゼントやったかも知れんなぁ~

神様が、これを機に健康な生活を送って長生きするように。ってことを伝えてくれたんやろな。」

 

夫は初日に自分一人で薬局へ行って、

血糖測定器の初期費用もランニングコストも把握していただろう。

 

だけどお金のことは一切言わなかった。

 

今までもそうだ。当初から、

「二人(わたしと連れ子)のことは、俺がみるから」と、言ってくれていた。

 

なのにわたしは、

 

連れ子は自分の責任だから、この子の分の費用は何が何でも

わたしが出さないといけない、とか

 

専業主婦でお金を遣うのも肩身が狭い、

収入がないから自分は対等に物も言えない、

 

キャリアが無くなっただの将来が不安だの

 

自分のことばかりブツブツと文句たれて

 

負けたくない一心から

在宅ワーク

家族との時間を犠牲にしてでも

一円でも多く稼ごうと必死になって

 

去年はそんな日々を過ごしていた 

 

………………

あぁ、だめだなぁ

もう少し思いやりの気持ちを持てば良かった

 

 

反省したので今日から家族サービスを頑張ろう。

夫は何を喜んでくれるだろうか。何が嬉しいだろうか。

 

約一年前。再婚して環境の変化についていけず、わたしはよく隠れて泣いていた。

 

夫はある日ふと、

 

「俺、お前が布団でゴロゴロしてテレビ見て笑ってる姿みると、

最高に幸せな気分になるねん(^_^)」

 

と言った。

 

その時は夫の愛情が分からなかった。

そればかりか、

 

えええ((( ;゚Д゚))) わたし、こっち来てから毎日こっそり泣いてますけど???

 

夜のほんのひととき、テレビ見て笑ってるわたしの姿しか見てないんだ、この人は。

こっちに来て、どれだけ不安な毎日を過ごしているか何にも分かってくれてない

 

………なんてことまで思ってた!(-。-;) ひどい女だよ。。。

これだけ気持ちがすれ違っていたんだな。。

夫はいつも、家族の笑顔を喜んでくれていた。

家族が嬉しいと自分も嬉しい、そんな人だった。

 

とりあえず今回、高い高い買い物になった分まで、

真面目に健康管理をしよう( ノД`)…

元気に長生きして、周りもみんな楽しい老後を送ってる気がする。

そうなるように、今からできることをしよう。ゆっくり、ちょっとずつ。今日もぼちぼち(^_^)

恐怖の血糖測定

糖負荷検査から2週間、ようやく内科初診。

ちなみにネットでは

糖負荷検査からその場で入院になりました」

糖負荷検査の当日から血糖値自己測定となりました」

………という人がチラホラ。

 

そんな中、検査から初診まで2週間放置されるって大丈夫か( ;´・ω・`)

 

正直、ものすごく不安なこの2週間だった…

 

で、ようやく診察。

 

「とりあえず1日7回、血糖値計ってくださいね(*^^*)」

 

1日7回( ノД`)…

 

こぇーよ、自分で針とか刺せないよ………

 

しかも

「自費になりますから、ご自身で購入してくださいね(*^^*)」

 

もうね。ショックすぎて。

 

電気屋さんですか」←これだけ訊くのが精一杯

「あ、いや多分、薬局にありますよ~」

 

薬局か、、、、、

 

放置の2週間のうちに調べとけば良かった。。。

なぜだか分からないけど、なんだかんだ自分は大丈夫なんじゃないかな(*^^*)……と思ってしまい、

食事のことばかり調べて

血糖測定器なんて全く見てなかったよ(-""-;)

 

「では、今日から計って2週間後に測定結果を持参してくださいね!」

 

えっ( ・∀・)

説明それだけ~

 

血糖値なんて自分で計ったことないよ。。。

なんか針をパチッとやってるのは見たことあるけど。。。えええ。できる??( ;´・ω・`)

 

仕方なく病院を出て、駅へ…

 

駅前の薬局で使い方から教えてもらおう。

頼んだら説明ぐらいしてくれるだろー

 

「血糖測定器ですかー。

在庫がなくて、取り寄せになるんですよね。2週間ぐらいです。」

 

なにぃ( ゚Å゚;)

取り寄せに2週間?????

 

先生、薬局じゃ買えません!!!( ;´・ω・`)

 

どうしよう。子どもが学校から帰ってくるので、仕方なく電車にバスに乗り継いで帰宅する。

とりあえず一回帰って考えよう…

 

無事に帰宅して地元の薬局に電話する。

 

「血糖測定器ですかー。在庫がなくて、取り寄せになるんですよね。」←本日2回目のこの台詞

 

大学病院の最寄り駅に置いてないものが、

この山あいの田舎の薬局に置いてるわけがない((( ;゚Д゚)))

 

うそぉ、、、

 

今日1日、既にクタクタ。

もうすぐ夫が帰ってくる。夕飯、できてない。どうしよう。

「ごめんね、夕飯できてなくて…今日は市販のお弁当でもいい?」

…って訊けば済む話なんだよ。たったそれだけのことができない。

昔から、異常なほどに仕事に穴をあけることができなかった。

たった一回のミス、たった一回の失敗、たった一回の失望、たった一回の叱責に耐えられなかった。

 

たった一回夕飯が作れないことが、どうしてそんなに…

 

あぁ、やっぱり自分はダメな人間なんだ。

ごはん一つ作れない。

疲れすぎてその場にへたりこんでしまった。

 

30分ぐらい寝て、ようやく非常時のレトルトカレーの存在を思い出す。

そうだレトルトカレーがあるじゃないか。慌てて炊飯器をセット。

市販の弁当を買いにいく気力は残ってないが、米ならなんとか炊ける!!!

もはや疲れすぎて思考回路も意味不明。

 

で、血糖測定器どうしよう。ネットで見たら3000円とか18000円とか…

もう意味が分からない。なんなのよ、この値段の差は( ;∀;)

 

そうこうしてたら、夫が帰宅してしまった、、、、、

 

 

わたしとしては、自分の独身時代の貯金から

シレッとコソッと購入してしまいたかった。

安いものではないし、自分にも原因があって妊娠糖尿病になったのであって

 

それを夫に「血糖測定器を買っても良いですか」と

お伺いをたてるのが嫌だった。

 

昔の専業主婦が

洋服一枚買うのも夫の許可がいる

 

それが嫌で働くようになったと

 

自分の自由に使えるお金が欲しくて働きにでるようになったと

 

ずっと昔、職場のパートさんが

そんな話をしていたな…

 

確かに、血糖測定器の

この金額は言い出しにくい…

 

大体、血糖値測定は先生の指示なのに、なんで保険がきかないんだろう

色んなところに考えが飛び火して、クタクタになったところで

夫が今日の受診結果を訊いてきた。

 

もう、値段とか病気の原因とか下調べの手際の悪さとか夕飯がレトルトカレーとか

 

どうでもいい。疲れた。

 

ここに書いてあるようなことを全て、ブァーっと夫にズラズラ説明した。

 

…………………。

 

夫。第一声。

「…てか、話が長いねん!( ・`ω・´)怒怒怒」

 

…………

 

つ、つ、冷たい!!(゜ロ゜ノ)ノ

 

わたしの今日1日の葛藤と疲れを一蹴!!!

 

しかも続け様に

 

「なるようにしかならんやろ!」

 

「値段が高かろうがなんだろうが

買わなあかんもんは必要やねんから買わなあかんやろ!」

 

あああ。

こないだ、あんなに話し合ったのに

 

(↓これ。言葉や口調がキツイ、労りの言葉が欲しいと話し合ったばかり。) 

colont.hatenablog.com

colont.hatenablog.com

しかも理解、納得してもらったはずなのに

 

 

やっぱりキツイんだよぉぉぉ(;∀; )

 

そこはさぁ、

 

「大変やったなー、意外と薬局にも在庫ないねんなぁ、俺も知らんかったわぁー」

 

…とかで良くね???( ;∀;)

相変わらず共感のカケラもねぇ~

しかも鬼言葉(職人という仕事柄か口調がいちいち怖いのよ!)

 

またもや灰。

フラフラと夫と子どもにレトルトカレーを出して、燃え尽きてしまった。

夫は食べ終わるとおもむろに着替えて出ていった。

 

…………

 

夫にとっては、30秒で終わる話なんだよな。

 

「血糖測定器を買うことになったから、

在庫のある薬局まで車で連れていって欲しい」

わたしが、たったこれだけ「お願い」すれば

済んだ話だ。

しかも夫は人から頼まれて、解決してあげるのが好きな性格だ。

 

わたしは、人に素直に「お願い」が出来ない。

我が強い、かわいくない。

そのくせ共感やいたわりを求める気持ちばっかり強くて。

 

あーあ。疲れた。

 

 …………………。

 

しばらくすると、おもむろに夫が帰ってきた。

 

これに付属品もつけて↓

 

  

 

1万5000円   ((( ;゚Д゚))) 

た、たかい…数ヶ月しか使わないものなのにぃ。

妊娠糖尿病になってしまい、ほんまにすみません m(_ _)m

 

夫は在庫のある薬局まで行って、使い方も訊いてくれたようだ。

 

しかもついでに、スーパーで肉やら野菜やらも大量に買ってきてくれた。

わたしの大好きな鉄分チーズも入っている。

 

「これだけあれば明日は買い物も行かんでええやろ。

雨やからな。ゆっくり寝とけ。」

 

続けて夫が、血糖測定器を設定する。

なぜか夫も血糖を図る。自らの指で確認してくれた。

 

うん。これが夫の優しさ。

共感も言葉も説明もない。ただただ解決に向けて動くだけ。いつも、真っ直ぐ。

 

 

早速わたしも測ってみる。

大丈夫か。大丈夫か。大丈夫か。こぇーよ。もう疲れた、いいやなんでも。

 

パチッ ←針

 

 

((( ;゚Д゚)))???

 

えええ。まじで。全然いたくなーい( ゚д゚)ポカーン

 

いやぁ、逆に怖いぐらい、全く痛くないよ!!!(笑)

 

なにこの大騒ぎ!!! 痛くないなら痛くないと

先に言ってよねー!!!ゞ(* ゚∀゚)ノシ

 

拍子抜けして、笑ってしまった。夫も笑ってる。しかも夫の方が血糖値高いじゃん(笑)

二人してゲラゲラ笑った。

 

 

そうは言っても

なんと赤ちゃん、3週間相当は大きめ( ;´・ω・`)

ついに成長曲線の最大値をはみ出してしまった、、、、、

わたしの体重も血糖値も、一応制限内におさまってるのに。もう、理由なんでなん…( ;∀;)

 

とりあえず次の診察まで、今まで以上に気を引き締めてやるっきゃない。

がんばれ妊婦40代。まだまだ長いぞ( ノД`)…